「雲仙の自然と歴史の案内所・入館無料」

 

♪ 雲仙の四季 音声ガイド ♪

  


春のミヤマキリシマ  |  初夏のヤマボウシ   |    秋の紅葉    |    冬の霧氷   

   春の雲仙 初夏の雲仙 秋の雲仙 冬の雲仙
 ( 上をクリック; 雲仙の四季、見頃、場所・ルート、多画像、詳しい音声解説 

Spring in Unzen Unzen in early summer Unzen in autumn Unzen in winter
 ( click on the above English text ! )
 

      雲仙お山の情報館(管理運営:自然公園財団雲仙支部):ホームページ(Since 1997 by West


雲仙は、1934年(昭和9年)に日本で最初に指定された国立公園」です。
四季折々の自然、独特な火山景観と温泉、奥深い歴史・文化とその魅力はさまざまです。

雲仙お山の情報館は、自然情報の提供をはじめ、
歴史の紹介や温泉をテーマとした展示など、雲仙の魅力を幅広く案内する施設です。
雲仙を楽しみ、より深く味わうための最新情報がそろえられています。
 
★ようこそ「雲仙お山の情報館」


 雲仙へ来られたら、まず「雲仙お山の情報館」へ!
必要な情報(自然、歴史、登山、交通案内、等パンフ) を手に入れ、
フィールドヘ出かけ、雲仙の自然と奥深い歴史を体感・満喫して下さい!
(Free Wi-Fi・無料時間無制限)
 


 


★来館、おすすめ施設「雲仙お山の情報館・別館」(旧雲仙ビジターセンター)


 
☆温泉山(雲仙)の詳しい歴史情報(展示・パンフ配布)
史跡散策ウォーキングマップ、雲仙自然(野鳥・植物・昆虫)詳細カラーパンフ
  英語案内シート(地獄案内・普賢岳・絹笠山)

(Free Wi-Fi・無料時間無制限)

 

◆♪♪ 3月・4月 の イベント ♪♪◆

(拡大表示・クリック)

(拡大表示・クリック)

(拡大表示・クリック)

  

雲 仙 情 報

雲仙の野鳥 (画像と詳しい解説)

  (下をクリック)

・野鳥のさえずりを
  聴くことができます!

雲仙で見られる野鳥リスト

  (下をクリック)

雲仙情報館|Taving (タビング)

  (下をクリック)

☆雲仙お山の情報館の展示案内
 画像データを見ながら「詳しい
 音声案内」を聴くことができます!
・島原半島地形模型の説明
・雲仙の四季・雲仙の温泉街
・平成新山生成ストーリー(2階)

地獄巡りガイド|Taving

  (下をクリック)

☆雲仙 地獄歩道散策の
「雲仙の歴史と自然」の詳しい案内
・音声ガイド・史跡位置ピンポイント
・英語の解説文
 English commentary
  協力;株式会社ハントワークス
      Hantworks,Inc.

雲仙 花みごろパンフ
(年間早見表 PDF)

   (下をクリック)

Instagram | インスタグラム


ミヤマキリシマ・紅葉・霧氷情報

  (下をクリック)

・雲仙ロープウェイ
  TEL 0957-73-3572
・仁田峠道路管理所
  TEL 0957-73-3688
  (通行規制・渋滞情報)

雲仙観光局

  (下をクリック)

・旅館ホテル、商店、食堂等の案内
・公衆浴場案内
・白雲の池野営場の案内予約
・イベント案内 ・交通情報案内
・TEL 0957-73-3639

雲仙「歴史と自然のクイズ20」

  (下をクリック)

★iPhone(スマホ)利用、修学旅行等のグループ学習、小中学生の総合学習、地元観光関係者の雲仙研修、個人・家族で、ご利用下さい。
★雲仙地獄ガイドを体験・閲覧後に「解説をヒント」に記憶を辿り、思い出し「雲仙歴史と自然クイズ20」にチャレンジ!20問×5点=100点(解答に解説)

FaceBook 情報

温泉山(雲仙島原半島)史跡 ★自ら興味を持ち 観て読み 歴史を楽しもう !

FaceBook 雲仙お山の情報館
Mt UVC-NOW-STATION

  (下をクリック)

雲仙 島原半島;史跡・歌碑(画像、解説)
Googleマップ(ピンポイント位置)

 (下をクリック)
・雲仙内史跡・名所 約50ヶ所 案内 
・雲仙内歌碑 11基 案内
・島原半島内史跡 約50ヶ所 案内
・島原半島内 弘法大師空海像位置
         約20ヶ所 案内
★詳細な解説 ★画像:5~10枚
                 ★正確・明確な位置(Google map)

 

** 冬の霧氷情報 **

  

霧氷案内


 冬季雲仙では、普賢岳・妙見岳一帯で、霧氷を見ることができます。
霧氷が冬枯れの景観を真っ白な白銀山並に変身させます。1月、2月を中心に12月初旬頃から3月初旬頃までが霧氷の見られる時期となりますが、この期間に毎日見られるものではなく、西高東低の冬型気圧配置となり、前夜から低気圧や寒冷前線が通過、そして山間部の気温が 0°C〜ー10°C位という気象条件の日に限られます。
(・・自然現象なので、当日の朝に霧氷が見られるかは確認。)

 霧氷は、地元では「花ぼうろ」とも呼ばれ、山にかかった雲や霧の過冷却の霧粒が風で木の枝にぶつかり、凍り付くものなので枝の風上側(主に北西側)に成長し、見事な霧氷は透明な刃のように見えます。さらに、この霧氷に太陽の光が当たると一面にキラキラと輝き夢のような景観、霧氷と光の自然が織りなす神秘な世界が広がります。
(・・雪が多く降り積もった天候では、単に雪が枝に張り付いた状態で霧氷ではない。)

 霧氷を楽しむには、仁田峠からロープウェイで妙見岳へ、そこから妙見神社付近までの自然歩道を散策するのが最適でしょう。(・・山頂まで、登山は必要ない。)


☆ 当日の霧氷情報、仁田峠循環道路の凍結等での交通規制情報は、上記「雲仙ロープウェイHP」をクリック最新情報を毎朝公開

☆ なお、冬季普賢岳山頂への登山では、登山道凍結の状況もあり、急な登山道は危険なので「アイゼン」が必要。
*雲仙お山の情報館で貸し出しを行っています。
 事前に予約が可能です。(前日に、貸し出し可能:下記参照)
*雲仙お山の情報館
  開館時間:9時〜17時 木曜休み
   電 話:0957-73-3636
*なお、仁田峠までは、自家用車かタクシー、または徒歩での登山。
 (雲仙情報館HP掲載マップ参照)
   

  

登山マップ


  

  

  

   

普賢岳左手前、平成新山奥右

妙見岳

雲仙ロープウェイから

妙見岳から国見岳への歩道

霧 氷